三成愛宕御輿(みこし)担ぎ手大募集!

三成愛宕御輿(みこし)復活!

2018年(平成30年)8月24日(金)開催の三成愛宕祭りでの、みこしの担ぎ人を募集しています。
300年の歴史を持つ奥出雲地域最大級の祭りの一員となり、伝統の重さを一緒に体感しませんか?

日時:平成30年8月24日(金)17:00集合

集合場所:奥出雲町立カルチャープラザ仁多 Google Map

参加条件:18歳以上(男女、国籍問わず)

参加費:お一人様1000円(当日集合場所で集金)

参加費に含まれるもの:お弁当代・保険代

締切:8月10日

注意:衣装(男性)黒地のタンクトップ・黒地短パン
(女性)黒地のタンクトップ・黒地のスパッツ
男性、女性とも、タオルを持参してください。
法被は事務局のほうで貸出しますが、管理につきましては、(貸出番号により)個人責任をもって管理お願い致します。

お申込方法

各自以下のフォームよりお申込み下さい。
申し込みフォーム

電話での申し込みも可能です。
お申し込み・お問い合わせ

三成愛宕御輿実行員会 0854-54-2260

奥出雲がテーマの「短歌」を大募集!

今年は日本を代表する女流歌人・与謝野晶子の生誕140年の年にあたります。
晶子は夫・鉄幹と共に、昭和5年(1930)に絲原家の姻戚である三島祥道の案内で山陰旅行の途中、絲原家に来遊しました。
与謝野夫妻を迎えた絲原家では、まず家伝のそば料理で歓待し、その後は近くの景勝地・鬼の舌震に案内し、野掛け料理を供しました。
与謝野夫妻は絲原家の一隅を石泉荘と命名し、絲原家の印象と舌震での様子を歌に詠んでいます。
絲原記念館では平成30年度夏季企画展「奥出雲の鉄師~夏を涼しむ~」を開催しています。
期間中、民具棟にて与謝野晶子・鉄幹夫妻にまつわる品々や短歌を展示しています。
そこで皆様から「奥出雲」をテーマにした短歌を募集しています。
この機会に奥出雲を思いながら短歌を詠んでみませんか?お気軽にご応募くださいませ。

◆応募資格 どなたでもご応募できます
◇作品形式 短歌1首(おひとり様1首に限る)
◆応募方法 記念館内または庭園内での直接投稿、メール、FAX、郵送
◇入選 絲原家当主賞(最優秀賞)3首・絲原記念館賞(優秀賞)3首・入賞3首
◆選考 応募締め切り後 絲原家及び絲原記念館にて選考します
◇募集締切日 平成30年9月2日(日)当日消印有効
注意事項:応募作品は未発表のものに限ります。作品は返却できません。個人情報は本企画以外の目的には使用しません。
入賞者の発表は直接ご本人にご通知いたします。

【 応募・お問い合わせ先 】
公益財団法人 絲原記念館
〒699-1812 島根県仁多郡奥出雲町大谷856
Tel.0854-52-0151 Fax.0854-52-0159
ito-memo@okuiuzmo.ne.jp

宿をやっている・宿をやりたい方のための説明会

「泊まって楽しむ奥出雲町観光推進プロジェクト」

★今の宿の集客を増やしたい
★外国人観光客も受け入れたい
★新しく民泊をスタートしたい
★空き家を利用して宿始めたい
★民泊新法について詳しく知りたい

日時:2018年6月21日(木)14:00~16:00
場所:奥出雲町そろばん伝統産業会館 2階 会議室
定員:50名
参加費:無料

【 内 容 】
◆~農山漁村滞在推進と地域の観光地化~(一社)山陰インバウンド機構
◆~Airbnbの目指すべきもの~Airbnb Japan(株)
◆~Airbnb奥出雲町ホストによる事例発表~発表者:民宿「JECK」 李 蓮玉さん
(翻訳家、通訳、ガイド、民泊経営、元奥出雲町地域おこし協力隊)
◆パネルディスカッション「地域が目指すべき姿」
(一社)山陰インバウンド機構、Airbnb Japan(株)、民宿「JECK」、(一社)奥出雲町観光協会
◆Airbnbのリスティング方法、民泊新法対応等説明
◆情報交換

【 主 催 】
(一社)山陰インバウンド機構、 (一社)奥出雲町観光協会
【 後 援 】
奥出雲町、(株)OKU-Reno.
【 申し込み期限 】
平成30年6月18日(月)
【 お問い合わせ 】
(一社)奥出雲町観光協会 担当:サミーラ、黒田 TEL.0854-54-2260
【 参加申込方法 】
参加者の①名前 ②電話番号 ③聞きたい質問あれば書いてsupport@go-okuizumo.org
までメールください。