2019/06/20 お知らせ

古代出雲歴史博物館 企画展「たたら~鉄の国 出雲の実像~」

古代出雲歴史博物館 企画展「たたら~鉄の国 出雲の実像~」

期間:7月12日(金)~9月1日(日)

たたら製鉄は、日本列島で独自に発展した砂鉄と木炭を原料とする製鉄法です。出雲は、かつてたたら製鉄が盛んに行われた地域で、国内有数の鉄生産地でした。そして、今もなお、この地でたたら製鉄の技術が伝承されています。本展では、「鉄の国」出雲の実像に迫ります。

奥出雲町からは、奥出雲町指定文化財で「雲州仁田郡住忠貞銘の刀」のほか、絲原記念館蔵の「唐物古銅玉取獅子型香炉」や、可部屋集成舘蔵の「根来朱塗四つ椀」などが出品展示されています。

詳しくはこちらのチラシをご覧ください。
たたら~鉄の国 出雲の実像~表
たたら~鉄の国 出雲の実像~裏

2019/06/20 お知らせ

「ヒメボタル観賞」宿泊プラン

亀嵩温泉 玉峰山荘
「ヒメボタル観賞」宿泊プラン
~年に一度の蛍の舞~

2名1室利用
お一人様 12,000円
3名1室利用
お一人様 11,500円

期間:7月1日~7月21日まで(ただし土日は除く)
   当日20:00よりご案内

お問い合わせ:亀嵩温泉 玉峰山荘
       0854-57-0800

   
奥出雲町ヒメボタル観察会
希少なヒメボタルを証明の少ない玉峰山周辺で観察いたします。
周囲は明かりも少なく、満天の星空を見ることができます。

詳しくはこちらのチラシをご覧ください!

2019/05/15 お知らせ

第8回「短歌で詠む『恋いうた』」作品募集のご案内

恋いうた
縁結びの地としても有名な「出雲」の奥に位置する奥出雲町は、スサノオノミコトが降臨したと伝えられる出雲神話発祥の地。古事記に記された「八岐大蛇(ヤマタノオロチ)神話」の舞台になったとも言われ、須佐之男(スサノオ)が櫛名田比売 (クシナダヒメ)と出会った恋のはじまりの地とも言われています。

また、明治の歌人 与謝野鉄幹・晶子夫妻は山陰吟行の際に、奥出雲町内の出雲国風土記に登場する渓谷「鬼の舌震」(現・名勝天然記念物)を訪れ短歌を詠まれました。この「鬼の舌震」は、美しい姫を恋い慕うワニ(日本海のサメのこと)の片思いの伝説が残っている場所でもあります。そんな「恋」と「短歌」の縁の深い奥出雲では平成23年より「短歌で詠む【恋いうた】」を開催し、今年で8回目を迎えます。

今年も三成本町通り商店会・奥出雲町観光協会で「短歌で詠む『恋いうた』」を募集いたします。

五・七・五・七・七の31文字で「恋い」を表現してください。
様々なスタイルの恋いの短歌をお待ちしております。

優秀賞の受賞者5名には「奥出雲町特産品詰め合わせ」プレゼント!

【入賞特典】
■優秀賞5賞
優秀賞の方は7月20日「三成えびす祭り」にて行われる「恋いうた」の授賞式に無料宿泊券各プレゼントの上で招待します。
・奥出雲町長賞:      1首 / 奥出雲町特産品詰め合わせ
・三成本町通り商店会賞:  1首 / 奥出雲町特産品詰め合わせ
・絲原記念館賞:      1首 / 奥出雲町特産品詰め合わせ
・山陰合同銀行三成支店長賞:1首 / 奥出雲町特産品詰め合わせ
・島根信用金庫仁多支店長賞:1首 / 奥出雲町特産品詰め合わせ

■入賞
・入賞: 30首 / 鬼の舌震内「舌震亭」割子そば無料券

【応募方法】
「1:*作品(何首でも応募可)」、「2:筆名(ニックネーム)」、「 3:住所(郵便番号を明記)」、「4:氏名」、「5:電話番号」、
「6:郵便定額小為替500円分(1首の応募につき500円)」を同封して、以下の宛先まで郵送してください。
*1首の応募につき500円分(例:2首の応募の場合は、500円×2=1000円分)

【応募先】
〒699-1511島根県仁多郡奥出雲町三成641-22
 一般社団法人奥出雲町観光協会宛
 TEL:0854-54-2260

【期間】
令和元年5月15日~6月20日
※6月20日必着

【発表】
7月中旬にwebサイトにてお知らせいたします。
奥出雲町観光ガイド:https://okuizumo.org