2020/01/13 未分類

奥出雲町の魅力発見モニターツアー②

昨年の11/23~11/24に奥出雲町の魅力発見モニターツアーがありました。
日本の大学に留学している中国と韓国の学生さん10名が参加してくれました。

奥出雲たたらと刀剣館の鍛錬実演では、日本刀作りの工程の一部を聞かれました。

実際に体験も。


絲原記念館では、資料館を見た後は「茶房十五代」にて抹茶のおもてなし。

抹茶は初めての学生さんもおられましたよ。

大正時代の雰囲気が感じられる空間はステキですね。


鬼の舌震・“恋”吊り橋。手を振る学生さん。

鬼の舌震の巨石・巨岩にはびっくりされてました。「お父さんお母さんを連れてきて見せてあげたい」と言っておられましたよ。

夕食は、「一味堂心塾」にて「阿井の里の皆さんと作る郷土作り体験」

割烹着やエプロン、三角布を借りて、おにぎり、しし汁、鯖寿司、おはぎ作りをしました。



囲炉裏を囲んでみんなでいただきます!
「みんなで一緒に料理を作ることがこんなに楽しいと思わなかった」と言っておられましたよ。

夕食の後は佐白温泉長者の湯で、温泉を堪能されました。
「温泉の質がよくてお肌がつるつるになった!」と言っておられましたよ。

「農家民泊大上ヱの里」と「JECK」にご宿泊。



「ホストの方が素敵だった」「敷布団を初めて経験してとてもよく眠れた」など言っておられましたよ。

2日目は、尾原ダムを散策。

その後は、「ダムの見える牧場」にて「バター作り体験」


新鮮なバターに皆さん「おいしい、おいしい」と言って食べておられましたよ。



牛に会えるということで、牛柄のマフラーをしてきてくれました!(笑)
牛をこんなに間近で見るのが初めてだった学生さんもたくさんおられましたよ。

その後は、舞茸奥出雲にて工場見学されたり、バーガーピコピコのしまね和牛チーズバーガーの昼食を食べられた後は、トロッコに乗られましたよ。


この2日間を通して、留学生の視点で感じたことを伝えて頂きました。
紅葉の時期だったこともあり、紅葉のきれいさ、自然の豊かさ、そして夜の星空もすごくきれいだったと言っておられました。
あとはやはり地元の皆さんとの交流を通して感じたことがたくさんあったようです。その土地に住んでいる人を知ってその土地を知ることは、旅行の醍醐味だなと感じました。今回のモニターツアーでもたくさんの「奥出雲ならでは」を伝えられたのではないかと思います。